サヤ取りせどらー最終バージョンが使えないという意見のまとめ

サヤ取りせどらー最終バージョン

電脳せどりツール「サヤ取りせどらー最終バージョン」の評価

私はサヤ取りせどらーを評価しています。

>>サヤ取りせどらー最終バージョンのレビュー・評価記事をみる

その中でも「サヤ取りせどらー最終バージョン」は、従来のせどりの常識であった『利益の出る商品⇒在庫確認』を覆して、在庫確認⇒利益確認というアプローチができるところに、大きな特徴があります。

また、仕入先が多いというのも強みです。

もちろん完璧な電脳せどりのツールなど存在しないので、一方で、
このサヤ取りせどらー最終バージョンに対する否定的意見というのもあります。

これらをまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

なぜ「サヤ取りせどらー最終バージョン」を購入してはいけないのか?

決して詐欺ツールではありませんが、サヤ取りせどらー最終バージョンを購入した人がたくさんおり、ライバルが増えすぎたことが原因で、以前に比べて稼ぎづらくなってしまったというのが大きな理由のようです。

サヤ取りせどらーの新しいバージョンということで「サヤ取りせどらー最終バージョン」の方が、サヤ取りせどらー3種の神器より改良されていて、ネットショップでの仕入れ先が充実しています。

ヤフオク!とYahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)が検索できなくなって、
その代わりに楽天市場が検索できるようになっています。

そして、操作性については、

  1. 応用がきかない
  2. 予約商品等が検索から外せない

といった点で使いづらいということが挙げられています。

応用がきかない…データの抽出しかできない

最初は、サヤ取りせどらー最終バージョンの応用が効かないという点です。

ツールで用意された検索条件内で設定をして、あとは吸い出すだけ。せっかく吸い出した情報も、並び替えぐらいしかできないというものです。

エクセルに抽出できるので、そこからデータをいじることは可能ですが、正直
二度手間となり、ツールでできるようにして欲しいという要望です。

ツール開発者の決められた項目でしか設定ができないので、リスト作成もままならず、この点は「サヤ取りせどらー3種の神器」よりも応用が利かないというわけです。

予約商品、再販商品が検索の邪魔

そして商品を検索するときに予約商品がありますが、検索から外すことができない、というのが難点として言われています。

  • 販売開始前の予約商品
  • ネットショップ側のJANコード記載ミスによる他の商品
  • 初版のものでは無く、再販や重版の商品

とくにフィギュアおもちゃでは重要なポイントとなる重版と再販の除外ができないというものです。せどりでは初回版だけ高い値段で売れて、重版と再販は安くなることもあります。

また、これはツール上の問題だけではありませんが、販売者がJANコードをの登録ミスをしていることが多いので、『価格差が取れる商品がある』と購入してみたら、実際には重版や再販だったということもあります。

そういった点では、このツールはフィギュアやおもちゃ検索には向いていないということが言えるかもしれません。

いずれにしても、利益が出そうな商品を見付けても、そのまま仕入れOKという訳にいかず、リンク先のネットショップを調べる作業が付いて回るというものです。


結局、ツールを設定する時間よりもネットショップ内を調べる時間が多くなって、
電脳(オンライン)せどりの補助的ツールにしかならないというわけです。

ツールが無くても電脳せどりは出来る

突き詰めると、ツールなしでも電脳せどりは可能です。

ネットショップとAmazonの価格差があるものを単に見つけるだけなので、ネット在庫.com(http://www.net-zaiko.com/)のサイトで有名ネットショップの各価格を調べて実践することもできます。

でもやっぱり、自分でやるよりもツールでできることは、
ツールでやった方が圧倒的に効率がいいです。

サヤ取りせどらー最終バージョンのツールに付属しているマニュアルもなかなかのボリュームで、せどりをこれから始めるという人でも、そのマニュアル一冊とツールだけで、稼ぐための基礎は十分ではないかと思います。しかもツール自体は「買い切り」タイプのものなので、月額料金などは一切かかりません。

ただし、このブログで何度も言ってますが、こういったツールは補助的なもので、ツールがあれば稼げるというものではありません。

これはサヤ取りせどらーに限った話しではなく、どんなツールでも一緒なわけで、最後の確認や最終的な仕入れの決断は、あなた自身で行わなくてはいけないということです。

>> サヤ取りせどらー最終バージョン(特典付き)をみる


サブコンテンツ

このページの先頭へ