乙女系せどり「バージンハンター」転売の情報商材

バージンハンター

雪藤怜のバージンハンターというせどり教材

雪藤怜のバージンハンターは、乙女系せどりを学べる特殊なせどりマニュアルです。

アダルト系の商材かと最初勘違いしていましたが、実際はせどりの商材でした。

バージンハンターのノウハウ提供者は、副業でせどりに取り組まれている雪藤怜(ゆきとう れい)さんというピアノ講師で演奏家の方です。

雪藤さんの詳しいプロフィールは販売ページで記載されていますが、せどりで
一部上場企業の中堅社員の月給程度は稼いでいるそうです。

バージンハンターのレビュー

バージンハンターはせどり・転売するジャンルをあらかじめ絞った手法です。

>> バージンハンター(特典付き)をみる

乙女系とよばれる商品を仕入れることに焦点をあてていますが、このジャンルで
仕入れや攻略を解説したせどりは今まで出回ったことはありませんでした。

確かに、このジャンルを扱っている人はまだ少なく、競合が少ない未開拓市場で稼げるという現状に偽りはないでしょう。

マニアがいてニーズも高いジャンルなので、狙いどころのジャンルであると言えるかもしれません。コアなファンが多い商品というのは、プレミア化して思わぬ価格で取引される、ということが珍しくありません。

このバージンハンターでは、乙女系のせどりから利益を稼ぐノウハウが公開されており、具体例を挙げながら解説されています。

  • メイン教材(PDF201ページ)
  • メールサポート90日間(お一人様10回まで)

バージンハンターの「乙女系せどり」とは?

バージンハンターで提唱している「乙女系せどり」とは、名前の通り「乙女系」に関連する商品を取扱う特化型せどりです。

「乙女系」とは、イケメン男子が恋愛ストーリーなどに登場する

  • DVD
  • CD
  • フィギュア
  • ゲーム
  • グッズ

などの商品を、せどりの対象としています。

アニメフィギュアなどでコアなファンが多いのと同様、乙女系にも熱烈なファンがいますが、普通はその商品を仕入れるようなことはあまり考えないジャンルだと思います。

せどりでは、こういった一つのジャンルに特化することは有効な手法であり、
「乙女系」は隠れた愛好者が多いジャンルで、目の付け所としては評価できます。

「乙女系」に詳しくない方でも実践できるのか

まず雪藤怜さん自身が、「乙女系」の自他共に認めるマニアの方らしいです。

ですが、雪藤怜のバージンハンターは10回までと制限されているメールサポートから見ても、素人の「乙女系」に精通していないような方が、需要のある商品を簡単に仕入れることができるような内容になっているとは思えません。

ライバルが少ないということをアピールしていましたが、それだけ難しい分野だからこそ、みんな手を出さないのではないでしょうか。

また、このバージンハンターが販売されることによって、 乙女系を扱うせどらーは確実に増えていきます。ですから、いつまでもブルーオーシャンの状態が続くわけではありません。

乙女系の市場に最初から詳しい人、好きな人でなければ難しいと思います。

実践できる人が限定される教材

「バージンハンター」は実践できる人が限られる教材であると判断します。

乙女系のモノが好きで、利益率の高い商品を求めて店舗で購入できる人がいれば、アリかも知れない商材です。

男性にとっては、ほとんど無縁の世界ではないでしょうか。

根本的に女性が男性の「萌え」を理解できないように、男性が女性の「胸キュン」を理解することは困難ですし、「イケメン男子」に対する見方にズレがないとも分かりません。

自分自身がオタクレベルでの知識感覚を身に付ける必要があります。

そこにハマる人達の気持ちを理解できなければ、継続的に売れ筋商品を見極めていくことは出来ないし、無駄な在庫を抱えてしまうことになります。

せどりの基本として、
取り扱い商品に興味、関心を持てないことには稼ぎにつながらないということです。

バージンハンターを読んでみて、その可能性についてはブルーオーシャンで稼げる可能性は否定できないものの、誰もが実践できるわけではない、というのが結論です。

少なくとも私は「乙女系」に興味はありませんし、
実践するような気持ちにまではなれませんでした。

ただ内容的には、プレミア化する商品や既にプレミア化している商品を狙っていく転売ビジネスなので、せどりインサイダーのようなノウハウからでも十分応用することができる手法にも感じました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ