NEWホームセンターせどり

NEWホームセンターせどり

ホームセンターせどり教材

ナツメ球こと大藤伸栄さんによる「NEWホームセンターせどり」というせどり・転売系の教材がインフォトップにランクインしています。

商材のタイトルからも分かる通り、転売(せどり)で仕入れる場所をホームセンターに特化したホームセンターせどり教材となっています。

せどりは商品のジャンルがかなり広くホームセンターに売っている物でもAmazonと実店舗で利益がとれる商品が見つかるのは確かです。

しかしホームセンターせどり自体、目新しい手法ではありません。

“昔ながら”の自らの足で店に出向いて、目利きや仕入れ作業を行う店舗せどりの教材です。従来どおり、肉体的な労力と金銭的なリスクを伴いますので、そんな労働を続けていくのが苦にならないかどうか、というのも気になります。

ちなみに、販売者は株式会社キュリアスコープで、これまでにもプロフィットせどりリアルタイムせどりなどを販売している実績ある会社です。

NEWホームセンターせどりのレビュー

せどりというビジネスの仕入先を「ホームセンター」に絞った内容です。

NEWホームセンターせどりはPDFの教材で107ページ。

  • 基本編 Amazonせどり準備編
  • 本編① ホームセンター店舗仕入れマニュアル
  • 本編② ホームセンター電脳店舗仕入れマニュアル

ホームセンターとは、主に日用雑貨や住宅設備に関する商品やDIY用品を販売する小売店であり、

  • ケーヨーデイツー
  • ニトリ
  • コメリホームセンター
  • カインズホーム
  • DCMカーマホームセンター
  • ジョイフル本田
  • スーパービバホーム
  • DCMホーマック
  • ロイヤルホームセンター
  • ホームセンターセキチュー
  • ホームセンターコーナン
  • ダイキ
  • ミスターマックス
  • コストコ
  • グッデイ
  • ナフコ

といったお店が仕入れの対象となります。

大藤伸栄さんは、新しいホームセンターせどりのノウハウとして、オールジャンルの商品を扱うという点を強調していますが、仕入れのポイントは、商品を見るのではなく、基本的には値札をいて仕入れていくのが、ホームセンターせどりの仕入れ方となっています。

例えば、処分価格〇円!という商品や、激安〇円などと張られている商品全てが仕入れ対象となります。チラシで安売り価格と告知されている商品も当然仕入れ対象になります。

ところが、店舗せどりをしていく上で必要不可欠な

  • 仕入れ対象となる商品のネット相場のチェック方法や判断基準
  • 実際に仕入れた商品を販売してく為の方法やポイント

この辺りの解説があまりないので、せどりの未経験者がこのマニュアルを手にしても、肝心なポイントが分からずに終わってしまうような気がします。

つまり、NEWホームセンターせどりは全国にあるホームセンターをひたすら回って、稼げる商品をひたすら探してください、という内容に過ぎないという印象です。

ホームセンターでの大量仕入れ

ホームセンターに置いてある商品は多種多様です。

このせどり教材

  • 日用品、生活雑貨
  • 季節用品
  • 工具
  • ペット用品
  • キッチン・清掃用品
  • 家電全般

など、オールジャンルの商品を扱うハイブリットせどり手法なるものを教えてくれるようですが、どのジャンルであっても、店に置いてある商品を大量仕入れをすることになるのは、間違いありません。

販売ページでの実績を見ると月の注文商品数が500個、もし、週に1回で月に4回の仕入れでこの商品数を仕入れるとなると1回の仕入れに100個近くの商品をリサーチして仕入れるという計算になります。

ですので、NEWホームセンターせどりの大藤伸栄さんと同じような実績を出すのは、かなり難しいかと思います。

従来型のせどり手法

「NEWホームセンターせどり」の中身を見てみると、明らかに従来のせどりとなんら変わり無いような感じがします。

店舗型せどりでホームセンターを利用し利益が出る商品を仕入れるのは、せどりや転売をしている方からすれば当たり前のことです。とくに新しい情報でもなく、特別何か新しい仕入れ方法があるわけでもないです。

そもそもホームセンターせどり自体が、目新しい手法ではありません。

どこのホームセンターでもくまなく商品を探せば、利益を見込める商品を見つけられる可能性はあると思います。

ですが、実際のところネットでの相場と大きな開きがあり、仕入れてすぐに稼げるような商品はそうそう次々とは見つかりません。

完全に労働集約型のビジネスモデルであり、

「利益がとれて」

なおかつ

「売れる商品」

を見つけることができなければ本末転倒です。

ホームセンターだから特別何か新しい仕入方法が公開されているのかと言えば疑問です。

ホームセンターを仕入先として視野に入れること自体は、仕入れの可能性を増やすことにつながるので効果的だとは思います。

ですが、わざわざホームセンターのみに仕入先を限定する必要もありませんから、ホームセンター以外からの仕入れも検討してみてもいいのかと感じます。

ノウハウ自体はごく単純なものなので、教材がなくても、ネット上の無料情報からだけでも、とりあえず実践はできそうな内容です。

>> NEWホームセンターせどり(特典付き)をみる


サブコンテンツ

このページの先頭へ