プロフィットせどり2【評判とレビュー】

プロフィットせどり2

古本せどりの教材

バーコードリーダー不要、仕入れ資金が少なくてもOK。時間と労力を無駄に消耗しない本質的なノウハウを詰め込んだと言われる古本せどりの教材です。

せどり初心者さんが最初に取り組むべき古本せどり。古本のせどりは以前から行なわれていたものであり、プロフィットせどり2はせどりの中でも王道のやり方ということが言えます。

実店舗で仕入れを行い、ツールを使わないという昔からあるせどりのアナログな手法で、ブックオフで禁止されているバーコードリーダーも不要なので、仕入れ中に店員さんに注意される心配もありません。

>> プロフィットせどり2(特典付き)をみる

プロフィットせどり2の内容

プロフィットせどり2の作者は、北のレジェンドせどらー「コータ」こと田辺和久さんです。

ブックオフせどり歴12年の間で1度も赤字を出したことなく、1度も利益率50%を切ることもなく、今も常に儲け続けているノウハウだそうです。

このプロフィットせどり2で「中古本せどり」をオススメする理由として、仕入れ値が安いことが謳われています。本せどりは、108円から仕入れ可能で誰もが始めやすいジャンルだからです。

たとえば、DVDやCDを仕入れる場合、ある程度のお金が必要になります。DVDやCDは、本に比べて高いので、どうしても仕入れられる数にも限りがあります。しかし、の仕入れ、特に中古本の仕入れならば、新品商品よりだいぶ安いので、仕入れ値を抑えて、せどりをすることができるというわけです。

ですので万が一、失敗したときでも、大きな損失を防げる傾向にあります。仕入れ値が安い中古本であれば、不良在庫による赤字を最小限に抑えることができるのです。

資金が少なくても実践可能で、せどり初心者さんが陥りやすい無駄な作業を徹底排除しているので、無駄な時間と労力を消耗することなく長期的に稼ぎ続けることができる堅実な教材というわけです。

そして、プロフィットせどりが重点を置いているのは、
店舗からの仕入れをどのように行うのか?という部分であり、

  • どのジャンルから見ていくべきか
  • 何を見ながら仕入れていくのか

といった実際の仕入れに活用できるノウハウが書かれているので、あとはそれを店頭でチェックするだけ、ということです。

「プロフィットせどり2」の評価は微妙

「プロフィットせどり2」は、雑誌に特化したプロフィットせどりの続編という位置づけです。

プロフィットせどりプロフィットせどり2ともに、基本はBOOKOFFの実店舗で安く仕入れ、Amazonで高く転売する、というノウハウとなっています。

両者の違いとして、

「プロフィットせどり」では、プレミア商品を狙うことに重点が置かれていましたが、「プロフィットせどり2」では逆にプレミア本は一切狙わない方針で、

  • 単行本 108円~200円コーナー
  • 単行本プロパー
  • 赤本シリーズ
  • 新書
  • 箱入り本
  • 文庫本
  • 辞書
  • 絵本
  • 特装版&限定コミック

といったジャンルを狙っています。

ところが販売ページの実績画像は、どれもプレミアが付いた本ばかりです。プレミア本は一切狙わない方針なのに、実績画像がプレミアのものばかりというのはかなり矛盾しています。

前作の「プロフィットせどり」はPDF419ページで3,980円、
今回の「プロフィットせどり2」はPDF151ページで、12,800円。

プロフィットせどりの方が値段も安く、コンテンツの内容も充実している感じがします。

古本せどりがお勧めできない部分

個人的には古本せどりは、あまりおすすめ出来ません。

なぜなら、古本せどりは、数多くの店舗を自分の足を使って回り、仕入れをしなければならず、労力の割に、利益が少ないからです。また、仕入れした本の保管場所の確保や日焼け対策といった対応も必要になります。

今の時代、リアルな店舗での仕入れ・転売という形態から電脳せどりでのビジネスへと移行し、アマゾンのシステムを使えば実店舗に行かずとも実践できます。

ツールを利用して、仕入れも全部オンラインでやった方がずっと効率的だし、
ストレスもたまりません。

特に古本せどりでプレミアを狙わない、というのであれば、当然通常の商品に比べて利幅が小さくなってしまうことは避けられません。つまり、ある程度稼ごうと思ったら、それなりに大量の商品を仕入れなければならない、ということです。

コータさんのAmazonでのある単月の実績をみると注文商品数6250点、
売上789万2700円と膨大な量の商品を取り扱っていることが分かります。

一体、これだけの数の仕入れを実際仕入れられるのか、疑問に感じます。もし、これを全部『昔ながら』のやり方でやっていたら、たいていの人は途中で挫折してしまう可能性が高いと思います。

ですから、モチベーション維持のためにも電脳せどりから入った方がいいのではないか、と思います。

その観点から考えると、せどりインサイダーのようなせどり教材から
実践してみるのがお勧めです。

せどり商材ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ