メルカリで稼ぐ メルマジックスアカデミー サラリーマン副業

メルマジックスアカデミー

メルカリで稼ぐノウハウとツール

「メルマジックスアカデミー」は、メルカリで稼ぐノウハウとツールがセットになった転売ビジネスの商材です。

メルカリといえば、言わずと知れたスマホ専用のフリマアプリの雄。サラリーマンの副業としても話題となっています。

寺田正信さんは、そのメルカリ転売をツールを使って、効率をアップさせて稼いでいます。

寺田さんは、中国輸入ビジネスで月収153万円を2013年に達成した後、2015年からメルカリ転売ビジネスに本気で取り組み、このメルカリ転売だけで月商1,000万円、月収300万円を稼ぐことに成功したということを言われています。

そして、このアカデミーでは3ヶ月後には100万円稼ぐというのが、このメルマジックスアカデミーのコンセプトとしています。

メルマジックスアカデミーの内容

寺田正信のメルマジックスアカデミーは、主な仕入れ先としては中国市場のタオバオやアリババ、あるいはebay等の海外サイトを利用して商品を仕入れ、メルカリで販売するというのが基本的な流れ(システム)のようです。

そして、ここでの一連の作業を効率化するために、メルマジックスと呼ばれるツールを活用していくカタチとなっています。

寺田さんも使っているという3つのツール、メルセンスメルナビメルピッカーの3つをあわせて、「メルマジックス」と呼んでいます。

3つのツール

メルマジックスアカデミーに入れば、メルカリ転売ビジネスを加速させてくれる3つのツールが使えるようになります。

  • メルカリに自動出品、販売管理(メルセンス)
  • コメントと取引連絡を管理(メルナビ)
  • トップセラーの出品情報の自動リサーチ(メルピッカー)

これらは、通常であれば、数時間もかかってしまうようなメルカリでの出品作業を大幅に短縮することが可能となります。

つまり、これらのツールを上手く活用することによって、中国輸入とメルカリでの転売をスムーズに展開できるというのが、メルマジックスアカデミーの「売り」となっています。

メルマジックスアカデミーが抱える課題

今回の「メルマジックスアカデミー」は、メルカリで出品するための労力を減らしたり、売れている商品のリサーチには使えるものだと思います。

ただし、ここで注意しなければならないのが、決して出品やリサーチの作業だけで稼げるというわけではなく、リサーチした商品を安く仕入れることによって、初めて利益が実現できるということです。

つまり、メルマジックスでは、安い仕入先のリサーチや仕入れ作業の効率化までは出来ません。

実際に、リサーチした商品を安く仕入れて、転売出来るかどうかということが一番の問題なのです。

また、メルマジックスアカデミーツールを使う人が増えれば増えるほど、売れる商品がみんなに分かるわけですので、仕入れ面でもライバルがどんどん増えてくることになります。

稼げる商品であっても仕入れることが出来なければ儲けは出ないし、高く仕入れてしまった場合には、もともと少ない利益がなくなってしまうという可能性も十分にあり得る話だと思います。

メルカリへの出品について

以前はメルカリを使うことは競合が少なく、販売手数料が無料、といったそれなりのメリットがありました。

しかし、現在ではメルカリの知名度も上がってきて競合も多くなり、メルカリだからと言って、特別高く売れたり安く買えたりすることがなくなってきています。

しかも、2014年10月からメルカリは販売手数料を10%に引き上げて、ヤフオクよりも高い手数料となっています。

さらにメルカリと言えば、ほとんどが衣類の販売になりますが、ヤフオクの方がはるかに利用者数が多く、メルカリよりも高く売れる場合が多いです。

メルマジックスアカデミーの支払方法は2種類

このメルマジックスアカデミーは一括払い分割払いの2種類があって、下記のとおりの金額設定です。

  • 年間プラン(一括払い)・・・年間162,800円
  • 月額プラン(分割払い)・・・初月 24,800円 2ヶ月目以降14,800円

転売系のツールとしては、かなり強気な価格設定となっています。

月額14,800円であれば、そんなに高くないように思うかもしれませんが、1年で換算すると入会費込みで187,600円の費用が掛かることになります。正直言って高額塾に入るのとそれほど変わらない感じがします。

長期的に稼ぎ続けることを望むのであれば・・・

正直言って、メルマジックスアカデミーは絶対に稼げないという訳ではないと思いますが、それでも長期的に稼ぎ続けるのは厳しいのではないでしょうか。数万円レベルのお小遣い程度にしかならないと思います。

そもそも転売ビジネスは、安く仕入れて高く売ることさえ出来れば利益は出せるわけで、お小遣いレベルなら自分なりに情報を集めれば稼げますし、とくにメルマジックスアカデミーにこだわる必要はないかなというように感じました。

私自身は、このメルマジックスアカデミーには参加してません。いろいろ総合的に判断して、投資金額に見合わないのではないのか、というのが個人的な評価です。

寺田正信さんは月商1000万、月収300万を達成したということですが、それだけの実績を上げるということは相当な商品点数を扱ったということです。場合によっては外注化することも必要になるでしょうし、これだけの収益を上げるのはかなり至難の業ではないかと思います。

出品作業以外にも仕入れから受注、梱包、発送など、結構やることが多くあります。

もし良いツール探しが目的で、ツールさえあれば楽に稼げる、という考えの人は、真っ先に手を出すのはやめておいた方が良いと思います。

本気で転売ビジネスに参入する覚悟があるなら話は別です。

ただし、それなりの覚悟がある人であればメルカリではなく、やはりAmazonヤフオクの方が利用者や扱う商品とかの幅もまったく違うので、そちらを使った転売ノウハウを個人的にはお勧めします。メルカリに特にこだわる必要はないかと思います。

じっくりと、よく検討してみて下さい。

>> メルマジックスアカデミー(特典付き)をみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ